必要な食材を取りそろえるにはネット通販が便利

香典として贈る線香

現在においては香典というと、お金を包んで渡すというのが一般的だと思います。そのお金で通夜や葬儀などの費用の足しにする事もある様です。

しかし、以前はお金ではなくて線香など別の物を香典として贈る事もあった様ですね。

贈る時には、高級で特別な線香を贈る場合が多い様ですね。香典はマナーに関わりますので、失礼にならない様に気を付けて贈りたいですね。

特にいくら包んで贈るべきなのかという事で、迷う人はかなり多い様ですので、相場などはよく把握してから決めるといいでしょう。地域によってもかなり違うみたいですので、家族や親せきなど自分の身近な人に聞いてみるというのもいいでしょう。

家族葬でお線香を上げる時に気をつけること

知人が亡くなり家族葬を行った場合、葬儀には参列できなかったけれどお線香を上げたいというときのマナーですが、まずは遺族宅に伺ってもいいかを連絡しましょう。いかなるときでも連絡せずに家に伺うのはマナー違反です。

お線香をあげるときの服装ですが、喪服を着ていく必要はありません。しかし派手な服やラフな服装は避けたほうが無難でしょう。弔問時の挨拶は3分程度にしておくのがベターです。

持ち物ですが、故人のために供物や供花を持参するとよいでしょう。お菓子、果物、お花などが一般的です。葬儀に参列していないので香典も持参しましょう。

お香や線香について

お線香の原料、伽羅や白檀ってご存知ですか?

インドなどのアジアで産出されていることが多く、香りの原料になる貴重な木です。上品な香りがするため大変人気があり、お線香やお香に含めていたり、香木を砕いて利用している場合もあります。根強い人気がある香りです。

お香は、本来は、伽羅、沈香、白檀などの天然の香木の香りを指していましたが、今では、線香、焼香、抹香、塗香などの香りのことを指すようになりました。インドでは、お香の原料となる香木の原料がたくさん取れます。

線香は、お香を棒状に固めたものであり、その中でも、線のように細いものを指します。日本では、お墓や仏壇にお供えとして燻して使うことが一般な用法です。棒状の線香以外にも、渦巻状の線香や、竹ひご線香などがあります。材料は、白檀、タブ、スギ、沈香、ヨモギ、ショウブ、バラの花、ラベンダーなどさまざまあります。

こだわりたいお線香立て

普段の生活においてお線香をよく利用するという人であれば、お線香立てもこだわって選んでいる人もいる様です。頻繁に利用する様であれば毎回片付けるのではなくて、インテリアをして飾っておくという事もできるかと思います。

お線香立てには、コンパクトな物もありますので、ちょっとしたスペースに置いておくという事もできるかと思います。おしゃれな商品もありますので、お部屋に置いていて違和感なく使える物を選ぶというのもいいでしょう。

おしゃれ感覚でお線香立てを選んでいる人もいる様です。種類が非常に多いので、好みによる部分もあるかと思います。お線香の香りで心地よいひと時を満喫してはどうでしょう。

お線香に関して

少量のオリジナルTシャツを作成をしたい企業様、高校様、格安にオリジナルTシャツ作成を詳しく知りたい方はこちらからお問い合わせください。

ちくわやお線香お香、結婚式の引き出物について興味のある方は是非サイトをご覧ください。